更新日 2014年08月17日
トップページ
お雇い(御雇)外国人
お雇い(御雇)外国人 とは
幕末から明治にかけて、「殖産興業」などを目的として、欧米の先進技術や学問、制度を輸入するために雇用された外国人で、欧米人を指すことが多い。江戸幕府や諸藩、明治政府や府県によって官庁や学校に招聘された。お抱え外国人とも呼ばれることもある。
「お雇い外国人」と呼ばれる人々は、日本の近代化の過程で西欧の先進技術や知識を学ぶために雇用され、産・官・学の様々な分野で後世に及ぶ影響を残した。江戸時代初期にはヤン・ヨーステンやウィリアム・アダムスなどの例があり、幕府の外交顧問や技術顧問を務め徳川家康の評価を得て厚遇された。幕末になり鎖国が解かれると、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが一時期幕府顧問を努め、レオンス・ヴェルニーが横須賀造兵廠の建設責任者として幕府に雇用された例などがある。
しかし、外国人の雇用が本格化するのは、明治維新以降である。例えば、法令全書の文部省医学教則をみれば、外国人教師による高度な内容の医学教育がすでに1872年の時点でなされており、このような教育を通じて西洋の最先端の知識や技術が急速に我が国に流入したことをうかがわせる。
お雇い(御雇)外国人 の報酬
お雇い外国人は高額な報酬で雇用されたことが知られる。1871年の時点で太政大臣三条実美の月俸が800円、右大臣岩倉具視が600円であったのに対し、外国人の最高月俸は造幣寮支配人ウィリアム・キンダーの1,045円であった。その他グイド・フルベッキやアルベール・シャルル・デュ・ブスケが600円で雇用されており、1890年までの平均では、月俸180円とされている。
身分格差が著しい当時の国内賃金水準からしても、極めて高額であった。
国際的に極度の円安状況だったこともあるが、当時の欧米からすれば日本は極東の辺境であり、外国人身辺の危険も少なくなかったことから、一流の技術や知識の専門家を招聘することが困難だったことによる。
お雇い(御雇)外国人 の人数
1868年から1889年までに日本の公的機関・私的機関・個人が雇用した外国籍の者の資料として、『資料 御雇外国人』、『近代日本産業技術の西欧化』があるが、これらの資料から2690人のお雇い外国人の国籍が確認できる。
内訳は、イギリス人1,127人、アメリカ人414人、フランス人333人、中国人250人、ドイツ人215人、オランダ人99人、その他252人である。
また期間を1900年までとすると、イギリス人4,353人、フランス人1,578人、ドイツ人1,223人、アメリカ人1,213人とされている。
お雇い(御雇)外国人 の雇用先
1890年までの雇用先は、最多数のイギリス人の場合は、政府雇用が54.8%で、特に43.4%が工部省に雇用されていた。明治政府が雇用したお雇い外国人の50.5%がイギリス人であった。鉄道建設に功績のあったエドモンド・モレルや建築家ジョサイア・コンドルが代表である。
アメリカ人の場合は54.6%が民間で、教師が多かった。政府雇用は39.0%で文部省が15.5%、開拓使が11.4%であるが、開拓使の外国人の61.6%がアメリカ人であった(ホーレス・ケプロンやウィリアム・スミス・クラークなど)。
フランス人の場合は48.8%が軍の雇用で、特に陸軍雇用の87.2%はフランス人であった。幕府はフランス軍事顧問団を招いて陸軍の近代化を図ったが、明治政府もフランス式の軍制を引き継ぎ、2回の軍事顧問団を招聘している。のちに軍制をドイツ式に転換したのは1885年にクレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケル少佐を陸軍大学校教官に任じてからである。また、数は少ないが司法省に雇用され不平等条約撤廃に功績のあったギュスターヴ・エミール・ボアソナードや、左院でフランス法の翻訳に携わったアルベール・シャルル・デュ・ブスケなど法律分野で活躍した人物もいる。
ドイツ人の場合は政府雇用が62.0%であり、特に文部省(31.0%)、工部省(9.5%)、内務省(9.2%)が目立つ。エルヴィン・フォン・ベルツをはじめとする医師や、地質学のハインリッヒ・エドムント・ナウマンなどが活躍した。
オランダ人の場合、民間での雇用が48.5%であるが、海運が盛んな国であったことから船員として働くものが多かった。幕府は1855年、長崎海軍伝習所を開設し、オランダからヴィレム・ホイセン・ファン・カッテンディーケらを招いたため海軍の黎明期にはオランダ人が指導の中心となったが、幕末にイギリスからトレーシー顧問団が招聘され(明治維新の混乱で教育は実施されず)、さらに明治新政府に代わってからは1873年にダグラス顧問団による教育が実施され、帝国海軍はイギリス式に変わっている。他に土木の河川技術方面でヨハニス・デ・レーケら多くの人材が雇用された(オランダの治水技術が関係者に高く評価された背景があるとされているが、ボードウィン博士兄弟との縁故による斡旋という説もある)。
イタリア人はその人数こそ多くなかったものの、工部美術学校にアントニオ・フォンタネージらが雇用された。またエドアルド・キヨッソーネが様々な分野で貢献した。
お雇い(御雇)外国人 分野別『 学術・教育 』
  • フレデリック・イーストレイク - 語学教育、慶應義塾教員、国民英学会創立参加(米)
  • トーマス・ブラキストン - 博物学、分布境界線研究、ブラキストン線提唱者(英)
  • ラフカディオ・ハーン - 語学教育 『怪談』(英)
  • エドワード・S・モース - 生物学 大森貝塚の発見(米)
  • ウイリアム・スミス・クラーク - 札幌農学校(現・北海道大学)初代教頭(米)
  • バジル・ホール・チェンバレン - 語学教育 『古事記』の英訳(英)
  • ラファエル・フォン・ケーベル - 哲学(露)
  • フィクトール・ホルツ - 多科目教育(独)
  • エミール・ハウスクネヒト(Emil Hausknecht) - 教育学(独)
  • アリス・メイベル・ベーコン - 女子教育(米)
  • ジョージ・アダムス・リーランド - 体操伝習所教授(米)
  • ヘンリー・ダイアー - 工部大学校(現・東京大学工学部)初代都検(英)
  • ハインリッヒ・エドムント・ナウマン - フォッサ・マグナの発見、ナウマンゾウ(独)
  • ダビッド・モルレー - 文部省顧問(督務官・学監)(米)
  • ジョン・アレキサンダー・ロウ・ワデル - 東京大学理学部(当時)にて講義(米)
  • ホーレス・ウィルソン - 語学教育、野球を日本に紹介(米)
  • マリオン・スコット - 大学南校、東京師範学校(東京教育大学、筑波大学の前身)、東京大学予備門教員(米)
  • ルートヴィヒ・リース - 歴史教育、慶應義塾大学部、帝国大学、陸軍大学校教員(独)
  • エドワード・B・クラーク - 語学教育、ラグビーを日本に紹介、慶應義塾大学、京都帝国大学教員(英)
  • アーサー・ナップ - 語学教育、慶應義塾教員、日本ユニテリアン教会宣教師(米)
  • リロイ・ランジング・ジェーンズ-語学教育、熊本藩藩校熊本洋学校英語教師、熊本バンド(米)
  • エドワード・ウォーレン・クラーク - 化学、語学教育、賤機舎の前身静岡学問所、東京開成学校(米)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 法律 』
  • グイド・フルベッキ (Guido Herman Fridolin Verbeck 1830-1898) - 法律、旧約聖書の翻訳(蘭)
  • ボアソナード - 刑法、刑事訴訟法、民法、司法省法学校教員(仏)
  • アルベール・シャルル・デュ・ブスケ - 法律、軍事などの仏語資料を多数翻訳(仏)
  • アルバート・モッセ(独)
  • オットマール・フォン・モール - (独)
  • ヘルマン・ロエスレル - 憲法、商法(独)
  • ヘルマン・テッヒョー - 民事訴訟法(独)
  • カール・ラートゲン(de:Karl Rathgen) - 国法学(独)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 外交 』
  • シャルル・ド・モンブラン - 外国事務局顧問。駐仏日本総領事(仏)
  • フレデリック・マーシャル - 在仏日本公使館付情報員、顧問格(英)
  • ギュスターヴ・エミール・ボアソナード - 太政官法制局御用掛(仏)
  • ヘンリー・デニソン - 外務省顧問。下関条約・ポーツマス条約交渉(米)
  • アレクサンダー・フォン・シーボルト - 井上馨秘書他(独)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 芸術・美術 』
  • アーネスト・フェノロサ - 哲学、日本美術を評価(米)
  • エドアルド・キヨッソーネ - 紙幣・切手の印刷、明治天皇・西郷隆盛などの肖像(伊)
  • アントニオ・フォンタネージ - 絵画、工部美術学校(伊)
  • ルーサー・ホワイティング・メーソン - 西洋音楽の輸入。音楽取調掛教師(米)
  • フランツ・フォン・エッケルト - 現行「君が代」の編曲(一説では作曲も)(独)
  • ジョン・ウィリアム・フェントン - 軍楽隊の導入(英)
  • シャルル・ルルー - 音楽、特に 軍楽の指導、陸軍分列行進曲(抜刀隊・扶桑歌)の作曲(仏)
  • ゴットフリード・ワグネル - 陶磁器、ガラス器などの製造指導(独)
  • ジョルジュ・ビゴー - 漫画家、風刺画家(仏)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 医学 』
  • エルウィン・ベルツ - 医学(独)
  • フェルディナント・アダルベルト・ユンケル(Ferdinand Adalbert Junker von Langegg) - 医師(墺)
  • テオドール・ホフマン - 軍医(独)
  • レオポルト・ミュルレル - 軍医(独)
  • ポール・マイエット(Mayet Paul) - 太政官顧問、東京医学校(現・東京大学医学部)、慶應義塾大学理財科教員(独)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 建築・土木・交通 』
  • フランク・ロイド・ライト - 建築、山邑邸、帝国ホテル新館設計(米)
  • ヘルマン・エンデ - 建築(独)
  • ヴィルヘルム・ボェックマン - 建築(独)
  • ルドルフ・レーマン - 機械工学、語学教育(独)
  • ヨハニス・デ・レーケ - 河川砂防整備(蘭)
  • ローウェンホルスト・ムルデル - 利根運河、宇品港(広島港の前身)築港(蘭)
  • ジョージ・アーノルド・エッセル - 河川整備。版画家マウリッツ・エッシャーの父(蘭)
  • セ・イ・ファン・ドールン - 安積疏水の設計や野蒜築港計画に携わる(蘭)
  • トーマス・ウォートルス - 銀座煉瓦街(英)
  • ジュール・レスカス(Jules Lescasse) - 生野鉱山建設のほか、西郷従道邸宅(仏)
  • ジョサイア・コンドル - 鹿鳴館の設計、建築学教育(英)
  • エドモンド・モレル - 新橋~横浜間の鉄道建設、初代・鉄道兼電信建築師長(英)
  • リチャード・ヴァイカーズ・ボイル(Richard Vicars Boyle) - 京都~神戸間の鉄道建設、E・モレルの後任(英)
  • リチャード・フランシス・トレビシック - 官設鉄道神戸工場汽車監察方。国産第1号機関車を製作。機関車の父リチャード・トレビシックの孫(英)
  • フランシス・ヘンリー・トレビシック - 鉄道技術を伝える。官設鉄道新橋工場汽車監督。リチャード・フランシスの弟(英)
  • レオンス・ヴェルニー - 横須賀造兵廠、長崎造船所、城ヶ崎灯台など(仏)
  • ベンジャミン・スミス・ライマン - 後の夕張炭鉱など北海道の地質調査(米)
  • フレデリック・ベルデル(Frederic Bereder) - (仏)
  • リチャード・ヘンリー・ブラントン - 各地で灯台築造・横浜の街路整備(英)
  • コーリン・アレクサンダー・マクヴィン(Colin Alexander McVean) - 灯台築造・工部大学校時計塔・関八州大三角測量の指導(英)
  • ヘンリー・S・パーマー - 横浜ほか、全国各地の水道網設計(英)
  • ウィリアム・K・バートン - 各地の上下水道を整備(英)
  • ジョン・ウィリアム・ハート - 神戸外国人居留地計画(英)
  • E・A・バスチャン - 横須賀製鉄所・富岡製糸場などの設計(仏)
  • シャルル・アルフレッド・シャステル・デ・ボアンヴィル(Charles Alfred Chastel de Boinville) - 皇居謁見所、工部大学校校舎など(仏)
  • ジョヴァンニ・ヴィンチェンツォ・カッペレッティ - 参謀本部や遊就館など(伊)
  • ジョン・スメドレー(John Smedley)- 東京大学理学部で造営学、図学講師。都市開発提案など(豪)
  • リチャード・ブリジェンス - 新橋停車場、築地ホテル館
  • チャールズ・A・W・パウネル(Charles Assheton Whately Pownall) - 橋梁設計、帰国後も日本の鉄道全権顧問を委嘱(英)
  • チャールズ・ビアード - 鉄工業者、関東大震災前後における東京市復興建設顧問(米)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 各種産業技術 』
  • エドウィン・ダン - 北海道の農業指導(米)
  • ウィリアム・ブルックス - 北海道の農業指導
  • ルイス・ベーマー - 北海道の農業指導
  • ホーレス・ケプロン - 北海道の農業指導、道路など(米)
  • ヘンドリック・ハルデス - 長崎造船所、製鉄所建設(蘭)
  • レオンス・ヴェルニー - 海軍工廠の建設指導など(仏)
  • オスカル・ケルネル - 農芸化学(独)
  • オスカル・レーヴ(de:Oscar Loew) - 農芸化学(独)
  • ウィリアム・エドワード・エアトン - 物理学(英)
  • クルト・ネットー - 鉱業の技術指導(独)
  • ジャン・フランシスク・コワニエ - 鉱山技術、生野銀山にて帝国主任鉱山技師、日本各地の鉱山調査(仏)
  • ウィリアム・ゴーランド - 造幣局(大阪)での化学・冶金指導など、古墳研究で考古学にも貢献(英)
  • カール・フライク(Karl Flaig) - 帝国ホテル総支配人として西欧ホテル経営の基礎を伝える(独)
  • ポール・ブリューナ - 富岡製糸場の首長(責任者)、建設から近代製糸技術の導入まで(仏)
  • ゲオルグ・フリードリヒ・ヘルマン・ハイトケンペル - 革靴製造の指導(独)
  • ウォルター・ウェストン - 登山家、慶應義塾教員、日本山岳会名誉会員(英)
お雇い(御雇)外国人 分野別『 軍事 』
  • テオドール・エードラー・フォン・レルヒ - 陸軍少将、交換将校、スキー指導(墺)
  • シャルル・シャノワーヌ - 江戸幕府のフランス軍事顧問団(仏)
  • ジュール・ブリュネ - 榎本武揚率いる幕府軍軍事顧問(仏)
  • カール・ケッペン - 紀州藩の軍事顧問(普)
  • ヴィレム・ホイセン・ファン・カッテンディーケ - 近代海軍の教育(蘭)
  • アーチボルド・ルシアス・ダグラス - 海軍兵学校教官(英)
  • クレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケル - 陸軍大学校教官(独)