更新日 2014年08月17日
トップページ
インドネシアの独立宣言に[皇紀]が使われている
インドネシア独立宣言の年代表記が日本の[皇紀]で表されている
独立宣言書の原文
Proklamasi
Kami bangsa Indonesia dengan ini menjatakan kemerdekaan Indonesia.
Hal-hal jang mengenai pemindahan kekoeasaan d.l.l., diselenggarakan dengan tjara seksama dan dalam tempo jang sesingkat-singkatnja.
Djakarta, hari 17 boelan 8 tahoen 05 ←[皇紀]
Atas nama bangsa Indonesia.
Soekarno/Hatta
独立宣言書の日本語訳
独立宣言
我らインドネシア人民はここにインドネシアの独立を宣言する。
権力及びその他の委譲に関する事柄は、完全且つ出来るだけ迅速に行われる。
ジャカルタ、05年8月17日 ←[皇紀]
インドネシア人民の名において
スカルノ/ハッタ

[ 17-8-`05 ]は、[皇紀]2605年8月17日を意味している。
日本の[皇紀]とは:
「皇紀」は、日本の初代天皇である神武天皇が即位したとされる年を元年(紀元)とする日本の紀年法。「神武天皇即位紀元」ともいう。
神武天皇の即位を日本の歴史の紀元とする見方は、古代・中世・近世を通じて一貫してつづいた伝統的なものであったが、これを近代になって実用的にしたものが皇紀である。
日本の紀元を神武天皇の即位に求めること自体は、古代の『日本書紀』編纂以来、一般的な認識であった。ただし、それが何年前か定量的に求められたのは江戸期であり、制定は明治5年11月9日(1872年12月9日)である。
第二次世界大戦前の日本では、単に「紀元」というと即位紀元(皇紀)を指していた。条約などの対外的な公文書には元号と共に使用されていた。ただし、戸籍など地方公共団体に出す公文書や政府の国内向け公文書では、皇紀ではなく元号のみが用いられていた。
現在はあまり使われてはいないが、一部の日本史や日本文学などのアマチュア愛好家、神道関係者、全日本居合道連盟などが使用している。
[皇紀]が近現代に使われた実例
「ゼロ戦」の通称で知られる大日本帝国海軍の「零式艦上戦闘機」は、皇紀2600年(西暦1940年)に採用されたことを示す名称である。
ニコン(日本光学)が戦後に試作から初めて製造した「ニコン」(ニコンI型)に始まるカメラの個体に付けられた製品番号(シリアル番号)は、先頭が「6」から始まる。これはI型の出図が皇紀2606年(昭和21年)9月であったことから「609」で始まる番号をI型試作品に付けたことに始まる。
安田生命保険が1970年ごろにコンピュータによる個人情報管理のシステムを構築したとき、作業に携わった技術者たちは、1900年を「00年」として年を処理すると、顧客の生年月日など1899年以前の情報の処理に不都合が生じることに気づき、あえて西暦の使用を避けて、皇紀2600年に当たる1940年を「00年」として用い、さらに負の数を100年分(1840年まで)処理することのできるパック10進数を採用することにした。この結果、偶然ではあるが、2000年問題の影響を回避することができたと言われる。
インドネシア独立宣言文 1945年8月17日、インドネシアの独立がスカルノおよびハッタによって宣言された。
[皇紀]に類似する紀元
  • キリスト紀元 : イエス・キリストの生年とされていた年を基準
  • 共通紀元 : キリスト紀元と同じだが、非キリスト教徒に配慮して造られた。
  • 創世紀元 : ユダヤ教で神が世界を創世したとされる年を基準とする。
  • 世界創造紀元 : 旧約聖書の天地創造が起きたとされる年を基準とする。
  • ヒジュラ紀元 : ムハンマドの聖遷(ヒジュラの年)を基準とする
  • 仏滅紀元 : 釈迦の没年、あるいはその翌年を基準とする。
  • ローマ建国紀元 - 初代ローマ王ロムルスの古代ローマ建国を紀元とする。
  • ジンギスカン紀元 : 成吉思汗の即位を紀元とする。
  • トルコ紀元 : モンゴル高原での初代突厥可汗の即位を紀元とする。
  • アケメネス紀元 : イランのパーレビ王朝で公式採用された。
  • 主体紀元 : 北朝鮮の金日成の誕生年である1912年を紀元とする。
なぜ、インドネシアの独立宣言に[皇紀]が使われたか?
  • キリスト教に対する抵抗
  • 欧米の植民地支配をした国に対する抵抗
  • 独立に協力的な日本に敬意を表して
[日本に敬意]が最も説得力のある事由であろう。
1942年までオランダが統治していたので、オランダ様式で表示する事も出来たはずである。
インドネシア独自の紀元を新規制定する事も出来たであろうが、まだそこまでの学識・教養が成熟しては居なかったのであろう。
[日本に敬意]となっているが、日本の軍政下では皇紀の使用は軍要令で決まっており、日本の敗戦直後の混乱の中での独立宣言である。独立宣言起草に海軍民政府嘱託の西嶋重忠氏が関わっていたので、何らかの関与があったことは想像できる。
インドネシアの戦後生まれの世代は、日本の関与と功績の評価を低くし、自らの功績を大きく評価するのは仕方がないことである。
日本の教育は戦後[自虐史観]を刷り込んできている。インドネシアの独立への関与は殆ど教えてはいない。
インドネシアと日本の先人達の輝かしい功績を正当に評価し続けなければならない。それが私たち世代の責務である。それが、次世代まで引き継がれると[伝統]として輝きを付け加えることができるであろう。日本とインドネシアの美しい繋がりを[伝統]として残さなければならない。