更新日 2014年08月17日
トップページ
管理人の自己紹介
国籍 日本国
性別・年齢 男性・50才代
住所・出身地 住所・出身地 両方とも北海道です
ホームページ開設の動機  

2012年8月に韓国の李明博大統領が竹島に上陸した事が、日本を侮辱していると感じました。そして天皇陛下への謝罪要求です。今までの新聞報道とは違う様な気がしました(私自身が異質に感じたのです。報道自体はそれほど変わってはいません)。私自身、韓国との竹島問題・中国との尖閣諸島の問題について詳しい知識がありませんでした。書籍・新聞・ネット検索などで調べて日本・韓国どちらが正しくて、国際社会の中でどちらが支持されるのかを調べて見ようと興味が出てきました。

 竹島問題を調べていくと、靖国参拝・教科書の内政干渉・慰安婦の捏造と興味が広がりました。また、それぞれの問題を掘り下げて調べて行くと、朝鮮併合・日韓基本条約・ライダイハン・欧米の植民地支配・国家間の謝罪と賠償・韓国起源説・東京裁判などへ広がり、調べたる対象がが増えて来ました。

 私自身、小学生・中学・高校生の時の授業で、自虐史観での教育を受けたと思っていませんでした。でも調べた事と比較しますと偏った教育を受けていた事が判りました。歴史の負の部分をことさら強調し、正の部分を過小評価し、教わってきました。  私たちの先祖は近隣諸国の人たちに悪業を行ってきたと、自ら思い込む様な教育を受けてきたのです。だから謝罪を繰り返し続けなければいけない・謝罪を受け入れられるまで繰り返さなければいけないと・・・・。

 この事に気づいた時はショックでした。大学を卒業して、長年新聞・雑誌・書籍等を読み、社会人として知識・経験を重ねてきたつもりでしたが、自分が自虐史観に洗脳されていた事が解ったときはびっくりしましたね。まさか自分がと・・・・。

間違った思い込みが多かった事を反省し、再度勉強をしようと思いました。  調べてみて判った事ですが、知っていなければいけない歴史が多くありました。皆さんの参考になるように纏めてみよう思ったのが動機です。もちろん私自身の勉強の為でもあります。

歴史認識 〔中立・公平〕を心掛けていきます。
ご協力をお願い致します  表記内容に間違いが有りましたらお知らせ下さい。早急に確認して訂正します。
 皆様のご協力を頂いて、レベルの高い内容にして行きたいと思っています。ご指導いただければ幸いですので、細かい事でも結構ですので連絡をお待ちしています。