更新日 2014年08月17日
トップページ
杉原 千畝 命のビザ
リトアニア国 カウナスの日本領事館発行の「命のビザ」

杉原 千畝 命のビザ NO_001_A

杉原 千畝 命のビザ NO_001_B

杉原 千畝 命のビザ NO_002

杉原 千畝 命のビザ NO_003

杉原 千畝 命のビザ NO_004_A

杉原 千畝 命のビザ NO_004_B

杉原 千畝 命のビザ NO_004_C

杉原 千畝 命のビザ NO_005_A
シャグリン氏の「命のビザ」

杉原 千畝 命のビザ NO_005_B
シャグリン氏の「命のビザ」

杉原 千畝 命のビザ NO_005_C
シャグリン氏の家族写真 (マルセル・シャグリン氏は右端)
ビザの持ち主、マルセル・シャグリン氏は現在イスラエルのジホロン ヤコブに住んでいます。彼ら一家は、ナチスの手から逃れるため、1940(昭和15)年7月30日にカウナスの日本領事館で杉原千畝から1枚の日本通過ビザをもらいます。両親に手を引かれ、姉と一緒に敦賀の港に上陸したのは、彼が4歳の時でした。その後、日本を離れた一家は中国の上海へと渡ります。そして、彼らに安住の地が見つかるでには、多くの苦難が待っていました。

杉原 千畝 命のビザ NO_006_A
シルビア・スモーラ氏のビザ

杉原 千畝 命のビザ NO_006_B
シルビア・スモーラ氏 1932年ポーランド生まれ。杉原ビザで救われ、日本を経由してアメリカへ渡る。
ニューヨーク在住、医学博士。アルバートアインシュタイン医科大学教授
シルビア・スモーラ氏は、2006年11月4日福島のNPO法人アウシュヴィッツ平和博物館で公演をなさっています。
「杉原氏は、普段から『小さな決断』に直面するたびに正しい道を選択し、『究極の決断』を準備してきた。私たちはたくさんの小さな決断を迫られる。正しいことをしてきた習慣が大きな問題の解決をもたらしてくれる。」

杉原 千畝 命のビザ NO_007_A

杉原 千畝 命のビザ NO_007_B

杉原 千畝 命のビザ NO_008_A

杉原 千畝 命のビザ NO_008_B