更新日 2014年08月17日
トップページ
朝鮮文化独特の思考様式『 恨 』(はん)
「朝鮮半島」 小中華思想での厳しい序列意識
「中華思想」とは?
中華思想とは、中華民族で構成される国家と文明が世界で一番優秀であるとする思想である。中華民族の支配する地域から離れるに従い、文明もなく人間ではない生物になるとされ、優れた中華文明をその地域に伝播し教化することが必要であると考えるものである。簡単に言えば、中華文明がもっとも優れており、それを発明した中華民族は人類の頂点に立ち、その文明を周辺の劣る国家に教え従えるべきだとする思想だ。
これは儒教とも深い関係がある。儒教における「仁」とは、差別愛である。前述のように近ければ分相応の礼を尽くすが、離れるほどにその意識は消えていく。中華民族の地域については礼儀を尽くすが、そこから離れるほど礼を尽くす必要はなく、愛も無くなる。よって、差別し蔑視し、人間として扱わない。そして自分たちが上にいて、周辺国家や民族は下であるとみなす。華夷秩序と言われる、主従関係・朝貢関係、そして支配・非支配の関係となる。そこに傲慢さが出てくるのである。
朝鮮半島にその儒教が浸透すると、華夷秩序に組み込まれた結果、中華思想が世界で最も優れたものという認識が広まった。そのため、高麗は中華民族の国家・明を仰ぎ、そして自らもそれに同化することで、その恩恵に浴しようとした。
明と朝鮮が蔑視していた女真(満州)が明と敵対し勝利すると、明が滅び、中華民族から満州族の国家(清)に変わった。これにより、当時の李氏朝鮮は本来あるべき主を失ったことで「中華文明は滅んだ、それを正しく受け継いでいるのは朝鮮である」として、その後継を自認した。これが『小中華思想』である。中華思想をそのまま朝鮮に置き換えたもので、朝鮮民族が世界で最も優秀であり、文明も世界一だとする。朝鮮が世界一であるから、世界を従えるのは我々であると考え始めた。
「中華思想」は、漢民族優越主義の思想
黄河と揚子江に挟まれた河口で発生した文明が、世界の四大文明の一つである『黄河文明』です。この文明はここで生活していた民族が優れていたから発達した文明ではありません。黄河と揚子江に挟まれた肥沃な土地が有ったから文明が生まれたのです。肥沃な土地が多くの食べ物を育てる事が出来たから、多くの人が集まり、その集まった人達が多くの知恵を出し合い、文明が生まれたのです。
中国の王朝と民族の関係には諸説あるが、「遼」は契丹人、「金」は女真族、「元」は蒙古族、「清」は満洲族で、漢族による王朝は「漢」と「明」であると言われている。