更新日 2017年09月22日
トップページ
竹島領土問題 ラスク書簡の全文
1949年12月29日に連合国(中心は合衆国)が日本との平和条約(サンフランシスコ条約)の草案を作成しました。1951年、その草案への要望書を韓国駐米大使・梁裕燦は合衆国政府に2度に渡り提出しています。韓国政府に対し、当時の米国国務次官補ディーン・ラスクが最終的決定として同年8月10日に通達した文書が『ラスク書簡』です。そして、サンフランシスコ条約の調印がなされたのは、その1ヶ月後にあたる9月8日のことです。
ラスク書簡の写真 1~4ページ

ラスク書簡 1~2ページ

ラスク書簡 3~4ページ
ラスク書簡の全文(和訳) 1~4ページ
Excellency:
I have the honor to acknowledge the receipt of your notes of July 19 and August 2, 1951 presenting certain requests for the consideration of the Government of the United States with regard to the draft treaty of peace with Japan.
閣下
日本との平和条約の草案について、合衆国政府に考慮を求める閣下からの文書を、1951年の7月19日と8月2日に確かに受領致しました。
With respect to request of the Korean Government that Article 2(a) of the draft be revised to provide that Japan "confirms that it renounced on August 9, 1945, all right, title and claim to Korea and the islands which were part of Korea prior to its annexation by Japan, including the islands Quelpart, Port Hamilton, Dagelet, Dokdo and Parangdo," the United States Government regrets that it is unable to concur in this proposed amendment. The United States Government does not feel that the Treaty should adopt the theory that Japan's acceptance of the Potsdam Declaration on August 9, 1945 constituted a formal or final renunciation of sovereignty by Japan over the areas dealt with in the Declaration.
遺憾ながら、草案第2条(a)を「済州島、巨文島、鬱陵島、独島、パラン島を含めて併合前に韓国領であった島々を、日本は1945年8月9日に放棄した」という文言に書き改めるという韓国政府の要求について、合衆国政府は同意できません。合衆国は、日本が1945年8月9日のポツダム宣言受諾で正式あるいは最終的に宣言対象の地域を放棄したとする説を、平和条約に採り入れようとは思いません。
As regards the island of Dokdo, otherwise known as Takeshima or Liancourt Rocks, this normally uninhabited rock formation was according to our information never treated as part of Korea and, since about 1905, has been under the jurisdiction of the Oki Islands Branch Office of Shimane Prefecture of Japan. The island does not appear ever before to have been claimed by Korea. It is understood that the Korean Government's request that "Parangdo" be included among the islands named in the treaty as having been renounced by Japan has been withdrawn.
竹島、リアンクール岩として知られている『独島』に関しては、我々の情報によれば、日常的には無人の岩礁で、韓国の地域として扱われたことはなく、1905年頃からは日本の島根県隠岐島支所の管轄でした。島はこれまで、韓国から領土主張されたことはありません。本条約で日本が放棄すべき島として韓国政府が要求していた『パラン島』については、取り下げられたものと理解します。
The United States Government agrees that the terms of paragraph (a) of Article 4 of the draft treaty are subject to misunderstanding and accordingly proposes, in order to meet the view of the Korean Government, to insert at the beginning of paragraph (a) the phrase, "Subject to the provisions of paragraph (b) of this Article", and then to add a new paragraph (b) reading as follows:
(b) "Japan recongnizes the validity of dispositions of property of Japan and Japanese nationals made by or pursuant to directives of United States Military Government in any ofthe areas referred to in Articles 2 and 3".
The present paragraph (b) of Article 4 becomes paragraph(c).
合衆国政府は草案4条(a) の文言が誤解を招きやすいことに同意し、従って韓国政府の見解と一致させるために、(a)の冒頭に「本条(b) の規定に従う事を条件として」という句を挿入し、次いで下記の如く新たに(b) を追加することを提案します。
(b) 日本国は、第2条および第3条により規定される地域において、合衆国軍政府の指令によってなされた日本国及び日本国民の財産の処分の有効性を認める。
現在の4条(b) は (c)になります。
The Government of the United States regrets that it is unable to accept the Korean Government's amendment to Article 9 of the draft treaty. In view of the many national interests involved, any attempt to include in the treaty provisions governing fishing in high seas areas would indefinitely delay the treaty's conclusion. It is desired to point out, however, that the so-called MacArthur line will stand until the treaty comes into force, and that Korea, which obtains the benefits of Article 9, will have the opportunity of negotiating a fishing agreement with Japan prior to that date.
(連合軍は日韓の漁業境界ラインを暫定的に設けました。マッカーサーラインといいます。『竹島』が韓国側になっていました。このラインをSF条約の中で認めるように、韓国政府は合衆国政府に要求しています。この要求が認められなかった為に、間もなく、韓国は李承晩ラインを設けて日本漁民を銃撃・拿捕するという海賊もどきの蛮行に走ります)
合衆国政府は、韓国政府の草案9条の修正案を受け入れることができず残念です。多くの国の利害が関係しますから、公海上の漁業を統制する条項を条約に含めようとすることは、条約締結を無制限に遅らせてしまいます。しかし、いわゆるマッカーサーラインは条約発効までは有効ですから、9条の利益を得る韓国は、(日韓で協議をする時間はありますから)条約発効日までに日本と漁業協定を協議する機会を得られる点は指摘しておきます。
With respect to the Korean Government's desire to obtain the benefits of Article 15(a) of the treaty, there would seem to be no necessity to oblige Japan to return the property of persons in Japan of Korean origin since such property was not sequestered or otherwise interfered with by the Japanese Government during the war. In view of the fact that such persons had the status of Japanese nationals it would not seem appropriate that they obtain compensation for damage to their property as a result of the war.
(条約15条(a)は財産の保障) 条約15条(a) の利益取得について韓国政府の希望に関しては、在日韓国人の財産が、戦時中に日本政府により没収されたりその他妨害されたりしていないことからすれば、日本に当該財産を返還するように義務付ける必要はないものと思われます。そのような人々が日本国民の地位を有していた事実からすれば、戦争の結果としてその者たちの財産への損害補償を得るものとすることは妥当とは思えません。
Accept, Excellency, the renewed assurances of my highest consideration.
For the Secretary of State:
Dean Rusk
ここに重ねて閣下への最高の敬意を表します。
国務長官のために
ディーン・ラスク(Dean Rusk)