更新日 2014年08月17日
トップページ
李氏朝鮮時代の写真 迎恩門
迎恩門 朝鮮王が中国皇帝の使者を、三跪九叩頭の礼を行い迎える門

迎恩門 1896年に柱礎だけを残して取り除かれる。従って1896以前の撮影は間違いがないであろう。

撮影年不明 迎恩門の柱礎(左側の2本) 右側の門は1897年に作られた独立門
迎恩門は漢城の西大門である敦義門のすぐ外、義州を経て北京に至る街道に建てられていた。中国の皇帝の臣下であり、冊封国であった朝鮮の歴代の王が、中国の皇帝の使者を迎えるための門であった。朝鮮の王は、中国の皇帝の使者に対し、『三跪九叩頭の礼』を行い迎えた。
1407年には慕華楼という使臣のための建物が建てられていたが、1536年に金安老の建議でそのそばに「迎詔門」を立てた。しかし1539年に明の使臣で来た薛廷寵は、使臣は中国皇帝の詔書や勅書や下賜の品々を持ってくるのに、門の名前が「詔だけを迎える」ではおかしいと言いがかりをつけ、朝鮮側は名前を「迎恩門」に変えた。
1606年に来た明の使臣朱之蕃が書いた門の扁額が国立古宮博物館にある。
日清戦争で日本が勝利し、1895年の下関条約で、清の冊封体制から李氏朝鮮は離脱した。 こうして大韓帝国が成立、独立協会は迎恩門を取り壊し、1897年に独立の記念として新たに独立門を同じ場所に建てた。迎恩門に隣接して建てられていた慕華館は独立門建立時に独立館に改名された。
独立門 1897年に清国から独立した事を記念して造られた門

独立門 1897年撮影
左側の2本が迎恩門の柱礎 右側が独立門 その間の奥に慕華館(改名した独立館となる)
独立門は、大韓民国ソウル特別市西大門区峴底洞101番地の独立公園内にある門。1896年11月21日定礎、1897年11月20日完成。
フランスパリのエトワール凱旋門を模して作られた。史跡第32号(1963年1月21日指定)。1979年に整備事業により本来の位置から北西に70m移動された。
日清戦争により日本が清に勝利し、下関条約にて清の冊封体制からの李氏朝鮮の独立を認めさせた。これにより李氏朝鮮は清の支配から解放され、自主独立国家として歩みだすことになり、その記念として清への服属の象徴の一つであった迎恩門を壊し、そのすぐ隣に建設された。また、迎恩門に隣接して建てられた慕華館は独立館と改名された。建設には、朝鮮の開化派の独立協会が中心となり、募金を募り建てている。
韓国においては独立門建設の歴史背景が正しく教えられておらず、独立門は「日本からの独立」を記念する門であると誤解されているという。正しくは「清の冊封体制からの独立」を記念したものである。
迎恩門を撤去し、独立門を作り上げた1896年~1897年の、朝鮮半島の時代背景が面白いです。優秀な人材が多く出てきて、封建制度から民主制度へ大きく転換をしようとしています。後日、別のページで詳しく調べてみたいと思います。(管理人への課題としておきます)